静岡県クラブユース(U−15)サッカー連盟規約施行細則

第1章総 則


(目的)

第1条この細則は、静岡県クラブユース(U−15)サッカー連盟規約の施行に関して、必要なことを

定めることを目的とする。


第2章加盟クラブ


(加盟クラブ)

第2条本連盟の加盟クラブは、公益財団法人日本サッカー協会基本規定に従い、決められた期間までに所管

の一般財団法人静岡県サッカー協会に加盟し、次の種別に登録されたクラブとする。


第3種15才未満の選手によって構成されるクラブ(U−15)


2規約第5条第2項において、「第3条の目的に賛同し、かつ、第4条のの事業を達成できる条件

を備えたクラブ」とは、第3条の目的に賛同し、かつ、第4条の事業を達成するためにU−15及

びU−18の6年間を一貫指導できる環境ずくりに努力すること及び次に掲げる内容を満たすク

ラブをいう。

(1)本連盟に加入を希望するクラブは、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟に加入し同時に一般財団法人静岡

県サッカー協会及び東海クラブユース連盟に加盟しなければならない。

(2)加盟クラブは、11名以上の選手を保有していなければならない。

(3)加盟クラブは、他の加盟クラブ又は他の連盟に加盟しているチームの選手を保有してはなら

ない。

(4)中学校体育連盟又は高等学校体育連盟に加盟することができる団体若しくは加盟している

団体は、本連盟に加盟登録できない。

(5)加盟クラブの代表者及び事務局担当は、成人でなければならない。

(6)加盟クラブは、定期的に使用できるグラウンドを確保し、定期的な練習日を設けていなければ

ならない。

(7)加盟クラブは、大会使用会場の確保に努めなければならない

(8)加盟クラブは、ユース(U−18)、ジュニアユース(U−15)、ジュニア(U−12)の各年代のチームを保

有していることが望ましい。

(9)加盟クラブは、加盟登録時に4級審判員資格を有する者を最低限1名を、登録後、1年以内に

3級審判員資格を有する者を1名以上帯同できなければならない。

(10)加盟クラブは、公益財団法人日本サッカー協会制定のC級レベル以上の

公認資格を有するクラブ専属指導者を確保しなければならない。

(11)加盟クラブは、活動する地域社会に密着したスポーツ活動を事業計画として企画し、実施し

なければならない。


(新規加盟登録)

第3条本連盟に新たに加盟を希望するクラブは、第2章 加盟クラブ 第2条を満たし本連盟役員

会議にて承認を得たのち、次に掲げる書類を本連盟及び東海クラブユース連盟を経て一般財団法人日本

クラブユースサッカー連盟の承認を得なければならない。


(1)加盟登録申請書(書式第1号)

(2)選手登録申請書(書式第2号)

(3)クラブの規約

(4)クラブの規約状況調査

(5)公益財団法人日本サッカー協会の加盟登録団体票(様式第1号)の写し。


2 本連盟に新たに加盟するチーム登録期間は4月末とする。


3 本連盟に新たに加盟したチームの大会出場は静岡県4部リーグ・1年生大会・静岡県クラブ新人戦

大会からとする。 


4新規加盟登録したチームは1年間準加盟登録とし本連盟役員会議にて協議し承認を得てから翌年度正式

登録させる。


5新規加盟申請したチームにおいては各地域(3種と4種委員会)の推薦・賛同を得たチームに限る。


(退会)

第4条本連盟を退会するときは、その旨を書面で届けでるものとする。

(継続加盟)


第5条本連盟に継続して加盟を希望するクラブは、定める期日までに加盟登録申請書(書式第1号)

及び選手登録申請書(書式第2号)に公益財団法人日本サッカー協会の加盟登録団体票(様式第1号)

の写しを添付して、本連盟及び東海クラブユース連盟を経て、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟

に提出しなければならない。


2加盟登録申請書(書式第1号)及び選手登録申請書(書式第2号)の記載事項に変更が生じた

ときは、直ちにその変更を所定の書式により本連盟及び東海クラブユース連盟を経て一般財団法人日本クラ

ブユースサッカー連盟に提出しなければならない。


(加盟費)

第6条本連盟に加盟するクラブは、年会費として○万円を定め期日までに本連盟に納付しなければ

ならない。


第3章選手の登録


(登録)

第7条選手の登録に関しては、公益財団法人日本サッカー協会基本規定第4章登録に基づく選手登録規定に

従うものとする。


(移籍)

第8条選手の移籍に関しては、公益財団法人日本サッカー協会基本規定第5章移籍に基づく選手移籍規定に

従うものとする。


第4章大会実施委員会


(大会実施委員会)

第9条本連盟が主催又は主管する競技会を開催するため、大会実施委員会を置く。


2大会実施は、委員長が当る。

3大会実施委員会委員長は、委員会を招集し、会議の議長となる。

4大会実施委員会委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を代理する。

5大会実施責任者は、加盟クラブの中から選出された者がその職務を遂行する。

6大会実施責任者は、大会規定・要綱等を作成し加盟クラブ全チームに連絡をする。

7大会実施総務責任者は、大会収支決算書を作成し各委員長及び加盟クラブ全チームに報告をする。


posted by メンバー at 10:55 | Comment(0) | -活動目的- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。